きなこの病気のこと 3

  • 2020.11.22
きなこの病気のこと 3

さて、GW真っ只中の5月3日、広島の先生にきなこを診てもらえることになりました。

きなこをキャリーケースに入れ、パートナーと一路広島へ。

片道5時間ほどの長旅、きなこのは耐えれるのだろうか。

トイレは家で使っているものを丸ごと持って行きました。

世間はコロナで自粛の時だったので、人用にアルコール除菌シート、手指用の除菌ジェル等も完備して行きました。

天気は悪かったように思いますが、さすがに高速も車が少なく、

午後9時過ぎには広島の病院に到着することができました。

先生は帰宅されていましたが、すぐに出てきてくださいました。

簡単な問診の後すぐに採血、そして診察を受けました。

これまでの症状、血液検査結果と診察から、やはりFIPの可能性が高いとのこと。

腹水を遺伝子検査して、その結果をもって確定診断になるとのことでしたが、

この日から早速MUTIANの投薬を開始することになりました。

きなこはFIPのウェットタイプ初期との診断だったので、体重1kgに対し100mgの投薬量で、1日1回決まった時間に投薬しなければいけません。

このとききなこの体重は3.15kgでしたので、350mg分の薬を飲ませることになりました。

MUTIANは50mg、100mg、200mgのカプセル状になっており、体重が500g増えるごとに薬が50mg増えるかんじらしい。

きなこは成長期で体重もドンドン増えていくことが予想されたので、色んな薬量に対応できるようなカプセルの組み合わせで、2週間分の薬を購入して病院を後にしました。

この日の投薬は、病院を出てすぐのコンビニの駐車場にて。

カプセルの飲ませ方なんて、ぼくもパートナーもきなこも知らない。

ひとまずウェットフードに混ぜて投与でも良いと先生が仰っていたので、ウェットフードに混ぜて、きなこの前に差し出しました。

先生曰く、デリケートな猫はにおいや色?で、MUTIAN入りのフードは食いつきが悪いらしい。

きなこは・・・普通に食べました(^^;

食欲は落ちてはいたものの、お腹が減っていたのか、普通に食べました。

こうして初日の投薬は無事に終了しました。

そして、家に帰り着いたのは翌日3時頃でした。

長い一日が終わりました。

ふー。きなこの病気のこと、まだ続きます。