きなこの病気のこと 2

  • 2020.11.15
きなこの病気のこと 2

さて、お腹が膨れ熱が出て元気のないきなこ。

猫伝染性腹膜炎(FIP)の疑いがあると診断されました。

相当具合が悪いのか、一日中寝てばかりでした。

動物病院の先生からは、FIPであればどんなに大きな病院で診てもらっても治らないといわれました。

ただ弱っていく姿を見ることしかできないのか、今のこの時代に治らない病気とかあるのかと色々調べました。

そのときまだFIP疑いだったので、もし違う病気であれば元気になるかもしれないと、最初に病院を受診してから毎日抗生物質の点滴をするために病院に連れて行きました。

でも熱は下がることなく、毎日とても辛そうでした。

助ける方法はないのか、いろんな情報を読み漁りました。

そして一筋の光を見つけました。

MUTIANという日本では未承認の薬です。

この薬を飲ませれば、きなこは元気になるかもしれない!

もうこの薬しかない!

そう思ったら、手遅れになる前にすぐにでも飲ませなければと思いました。

でも問題が2つ。

1つ目は、MUTIANがとっても高価であること。

飲み始めると84日間毎日一定量の薬を飲ませなければならず、100~200万円かかること。

2つ目は、MUTIANの協力病院は日本に6か所、九州にはないこと。

一番近くて広島の病院、このとき既にGWに突入して、診てもらえないかもしれない。

パートナーと協議の結果・・・すぐに広島の先生に電話!

時刻は15時頃だったかな。

既に病院は閉院していましたが、先生は今から来てもらっていいですよと言ってくださり、きなこを連れて広島へ向かいました。

この日が5月3日、最初に病院を受診したのが4月30日だったので、4日経過していました。